食べる点滴

a0158029_11233673.jpg




食べる甘酒を作りました!
先月は、外出する日が多く、なかなか作れてなかったのですが。
実は、1日中家にいるときでないとこの甘酒作りが出来ません!
甘酒メーカーがあると簡単みたいですが、私は、炊飯器と温度計で。

お友達から以前、八海山のさらっとした甘酒をいただき、愛飲してました。
テレビで放映されてから、なかなかコンスタントに手に入れにくく、
いろんな甘酒が販売されていますが、食塩や添加物の入ったものもあって、
いいのを見つけられずにいました。
甘酒話をしていたら、他のお友達のお母さんが手作りしていて、
お肌と免疫力強化によいよ、と教えてくれました。
教えてもらった甘酒は、どろっとしていて、そのまま食べる感じ。
ヨーグルトに混ぜたり、豆乳で半々にわったり、楽しんでいます。
ただ、温度管理をしっかりしてないといけなく、60℃以上にすると
麹がダメになるようなので、温度計を刺したまま、ときどきチェックしては、
炊飯器の保温を切っては、またつけて、を繰り返します。
たっぷりできるので、3週間ほど楽しめます。
今回は、小さい容器のは、冷凍容器に入れて、冷凍しました。

食べる甘酒レシピ
材料
米 3合
水 600cc
麹 200g(乾燥でも、生麹でも美味しくできました!)

1.お米3合を普通に炊く。
2.炊き上がったら、釜を取り出し、600ccのお水を加え、
  65℃になったら、ほぐした麹200gを入れて混ぜ、
  炊飯器に戻し、50~58℃に温度を保つ。
3.蓋は開けたまま、温度計を刺したまま、乾燥した布巾を被せておき、
  52℃になったら、保温スイッチを入れ、58℃になったらスイッチを切る。
  時々混ぜる。  この作業を10時間ほど繰り返す、と
  食べる甘酒の完成!


a0158029_12111644.jpg



私は冬にネットで見つけた麹だけで作るものにトライしたのですが、温度管理を怠って、
ちょっと茶色にしてしまったことがあります。
それでもお湯で割って飲むと甘酒でしたが、今は、こちらの食べる甘酒レシピがお気に入り!

お友達ママから伝授してもらった食べる甘酒、お時間あるとき作ってみてください!



[PR]
# by atelierchristina | 2017-08-07 14:20 | フード | Comments(0)









a0158029_10482042.jpg






a0158029_10434128.jpg
 


 小さめのタルト型で焼いた、クラフティ・オ・スリーズ!
 6月のレッスンでは、こちらのタルト型で焼いたものもお持ち帰りいただきました。
 一人ではちょっと大き目サイズですが、小さく焼くと焼き時間の短縮にもなるので、
 夏場はおすすめです。


a0158029_10421837.jpg


フォンセ生地を伸ばすのはちょっと面倒なときや、急なお客様のときに便利なのが、
ココットdeクラフティ☆
クランブルは冷凍しておき、杏をラム酒かブランデーで、チェリーはキルシュとお砂糖少しでマリネしてクラフティ生地をココットやラムカンに流して、オーブンにイン!
焼きたてもよし、冷やしてもよし!



7月、8月の夏季のレッスンは今年はお休みさせていただきます。
アトリエ・クリスティーナ生の皆様にはご案内しておりますが、
9月からは通常のレッスンになります。

体験レッスンご希望の方は、masayo.masuoka@nifty.com
までご連絡ください。







   

[PR]
# by atelierchristina | 2017-07-07 12:02 | スイーツ | Comments(0)

6月のレッスン、ご参加いただきました皆様
ありがとうございました。

a0158029_21042806.jpg


暑い日が多く、タルトの焼き時間が長いので、
この時期はどうかと思ったりするのですが
フォンセ生地の湿気防止作業や、アメリカンチェリーの
扱い方など、すこしだけ手間をかけてみて、ぜひぜひ
トライしてください。焼きたてを楽しめるのは、家庭での手作りならではです☆



サクサクの生地とキルシュの香りをまとったクラフティのプルッとした食感とアメリカンチェリーの酸味が美味しく、冷たくしてもまた違った味わいになります。


ご試食には、ピスタチオアイスを添えました。

a0158029_21051900.jpg


ミルクティーのガトーは、軽く優しい生地に仕上がります。
ビスキュイ・ド・サヴォワとシフォンケーキとの間のような食感です。
フラワー型がない方は、丸い型やクグロフ型で代用してみてください。
小さく焼くより、大きく焼くのがおすすめ。

a0158029_21071939.jpg



a0158029_21081026.jpg


a0158029_21090977.jpg

おまけのお菓子は、濃厚なショコラのフランボワーズガナッシュの
プチタルト!
ご試食タイムは、夏の話題やアンチエイジング話などいろいろと
私も楽しませていただきました。





[PR]
# by atelierchristina | 2017-07-02 22:30 | お菓子レッスン | Comments(0)








a0158029_09434086.jpg








今月のメニューは、クラフティ・オ・スリーズと
ミルクティーのガトーです。


サクサクと簡単パイに近い食感で、いろいろ活用できる、
クラフティで使うフォンセ生地を作りやすくレクチャーします。

ミルクティーのガトーは以前レッスンしたことがあるのですが、
シフォンとビスキュイ・ド・サボアの間のような生地で、
軽くて焼きっぱなし、極上の美味しさです。
レシピは進化させたものをご紹介します。
お楽しみに!


空席のご案内
6月17日土曜日 13時半~16時半  1名様
6月21日水曜日 10時半~13時半  1名様
体験レッスンご希望の方は、masayo.masuoka@nifty.com
まで、ご連絡ください。





[PR]
# by atelierchristina | 2017-06-09 09:45 | お菓子レッスン | Comments(0)

調味料




a0158029_23544092.jpg




5月のレッスンで使用していた調味料!


白バルサミコは、アメリカでは、ナパバレーのものを
使っていましたが、最近はご近所のスーパーのこれです。
アルチェネロの有機バルサミコ酢☆


みりんは、九重櫻本みりん
薄口しょうゆは、ヒガシマル有機特選うすくち醤油



グレープシードオイルは、山梨県のアドバンスのもの。

軽くておいしく仕上がり、新ジャガイモのヴィネグレットドレッシング、
揚げ物にも使いました。



a0158029_23574536.jpg


練りごまは、最近は、このチューブが使いやすいので。
大村屋のねり胡麻。

復習してます、とメールもいただきました!
日頃のメニューやお友達とのランチパーティーに
取り入れてお楽しみいただけたら嬉しいです。








[PR]
# by atelierchristina | 2017-06-08 09:06 | フード | Comments(0)

美味しい楽しいお菓子作り
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31